カラークッキーを焼くときに気を付けること

更新日:2020年4月5日

埼玉県富士見市  罪悪感無し! のかわいいお菓子

ノーグルテン(gluten)× 罪悪感(ギルト:guilt)

ギルテンフリークッキー   主宰  川島成美です。

野菜パウダーやフルーツパウダーをたっぷり使ったカラークッキーは

味や香りもよく一度は試してみたいクッキーですが、いざ作ろうとした時に


カラークッキーってちゃんと綺麗な色がでるの?


という疑問。。。


でもネットなどで見かける綺麗な色のクッキーがあるけど

どプレーンのクッキーと同じで大丈夫?


同じじゃだめですよ!

焦げて何色かわかんなくなります・・・



クッキー生地を作る時に必要な粉の量を

3~5g減らし、その分野菜パウダーや

フルーツパウダーを減らした分混ぜます。


もしくは、計るのが面倒な場合は・・・

最初プレーンでの粉の量を計測しておきます。


そこから、小さじ1程度の粉を取り、同じ分量の野菜パウダーやフルーツパウダーを入れる。


という方法があります。

どちらも簡単ですので、自分が楽にできる方法でやってみてくださいね!


粉とカラーパウダーはオイルやシロップなど液体を入れる前に先に混ぜておいてくださいね。


写真はクッキーを焼くのに必要な材料を全て入れてざっくりと混ぜた状態です。


しっかりこねる必要はありませんが、

きちんと混ぜてください。




ビニール袋に生地を入れて、

ルーラーを使用して厚さを均一にしてから型抜きし、焼きます。


この時の色がだいたい焼き上がりも同じくらいの色になるので参考になりますね


私の場合は温度は、プレーンのものと同じですが、焼時間を短めに設定。


5分程度短く設定します。

焼きあがりに、すぐにオーブンから出すのではなく、短く設定した場合は

庫内で放置しておくと、乾燥するので

おすすめです。


焼き時間や温度はご自宅のオーブンによって異なりますのであくまで参考程度で考えてくださいね。


ちなみに、 

我が家のオーブンでは 


オーブンの温度160°

焼き時間  9分~9分半



ただし、これもクッキー生地の厚さによって異なりますので、こちらもやはり

参考です。



カラークッキーはFavoriでは野菜のパウダーとフルーツパウダーでの着色になりますので、ジェルタイプの人工加工された着色料を使った時に比べて色も

優しい色合になってます♥


カラークッキーは、見た目も色がついてるだけで可愛いので、アイシングする必要もないですよね?


もしくはほんの少しのアイシングでも十分目を引く可愛さです。


素焼きだけでも十分楽しめるクッキーです。

野菜パウダーやフルーツパウダーを使えば、香もほんのりとするし、味もついています。

とってもおすすめです!

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示