上達するのに一番の近道は?

更新日:2020年4月11日

埼玉県富士見市アイシングクッキー教室

褒められシュガーデコ Favoriファボリ です。 自宅レッスンにお越しになった方に、レッスン中よく言う言葉があります。


「アイシングはやった分だけ上達する」


ということ。


得意不得意あると思いますが、一般的にアイシングは、回数を重ねた分だけ上達します。


続けてやることで必ず上手になるんです。


でもこれってアイシングだけに限って言うことじゃないと思いませんか?


全ての技術的なことを習得するにはやはり練習が必須になるんです。





例えば、スイミングを例にとってみましょう。


泳ぎ方を習わなければ、クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライ、

泳げるようになりますか?


全く泳ぎ方を知らない人がプールに入って、泳いでくださいと言われて

どんな泳ぎをするでしょうか?


スイミングって、週に1度又は2回以上通う場合が多いですよね。

しかも月に1回だけあるスイミングって聞いたことありません。


定期的に、体が忘れない最低でも週に一度繰り返し練習することで

体が自然と覚えていくんです。


私の子供達は、スイミングに通っています。

25メートルも泳げなかった子供が、今は二人とも、4泳法100メートルは泳げます。

泳ぎを習っていなかった私よりもはるかに上手にそして綺麗に泳げるようになりました。


毎週毎週、時には行きたくない、疲れているから休みたい・・・

そんな日もあったかもしれませんが、とりあえず、行く。

行ってしまえば、周りの友人達が頑張ってる姿を見れば自然と体が動くんです。


きちんと泳ぎ方を知ってる人に習うことが一番早く上達する近道なんですね。


嬉しいことに、上達すると同時にスイミングも好きになっている子供達です。


やはり人間というもの、技術を練習して、上達すると、

充実感で満たされ、


「楽しい!」


という気持ちへと変化するんですね!!



アイシングでも同じなのです。


単発講座を受講していても

きちんと自分で復習を繰り返し続けていないと上達するのって難しいんです。


そこで、忙しい子育て中の方に、2か月だけ、頑張っていただければ、

お菓子作り初心者の方が、誰からも褒めてもらえるようなレベルのお菓子作りが

できるおすすめの技法を集めたコースをご準備しています。


食べた人からレシピを教えてほしいと言われることが多い表面つるつるのクッキー作りから

シュガークラフトができないお菓子作り初心者の方でもスーパーで買える材料で

マシュマロフォンフォンダントをうまく使ってデコレーションしたり、独学ではなかなか難しい口金を使ったお花絞りができるようになります。



【こんな方に向いています】

どうせ習うなら、他人と同じじゃつまらない

見た人から「わぁ~すごいね」と褒められるような仕上りを目指したい方

短時間で、これだけ抑えておけばいい!というものだけ習いたい方

時間を有効に使いたい方

初心者から卒業したいと思っている方



上達するのに一番の近道は、


「上手な人に習うこと!」


アイシングの技法であれば、独学ではなくきちんと基礎から習うこと。

これが 上達する一番の近道なんです!


単発のワークショップばかり行っていても、上手にはなれません。


それは、講師が準備したクリームで講師が準備したデザインで作るからですよ。


閲覧数:91回0件のコメント