長生きにするために必要なのは〇を元気にすること!


埼玉県 アイシングクッキー教室「Favori」主宰

川島 成美(かわしま まさみ)です。



今スーパーで、飛ぶように売れている食材って、

なんだと思いますか?

私が住む埼玉のスーパーでは

つい先日から、


〇〇は 1家族1個!!


と制限がかかるようになりました。



安価で栄養価が高く、毎日食べても飽きにくい。

保存性もあり、そのまま食べられる。 今最も増産しているもの


業務用を含めた2019年の市場規模は約2503億円。



マーケットは8年連続で拡大し、 2016年以降は過去最高を更新し続けているそうです。 今年に入りがん研究センターが、 日常的に〇〇を摂取する層は死亡リスクが1割以上低下すると

発表したニュースは記憶に新しいと思います!



答えは、



我が家も全員大好きな


----

----

----



納豆 です!

消費者の節約意識、

健康機能性の高さから

納豆は今 大ブームになっているんです!!


納豆が免疫力をあげる食材だからですね!

納豆と言えば、大豆。

昔から 畑の牛肉 とも言われるほど良質なたんぱく質が豊富です。

消化吸収がよく、腸内環境を良好に保ってくれるんです。

納豆は毎日我が家の食卓に出る定番食材です。

また、納豆以外に我が家で実践している 腸内環境を良好に保たせる方法は、



小麦粉を控えることです。


小麦粉に含まれるグルテンは、粘り気が強く網目状に絡んでいるのが特徴です。 そのため

消化しづらく、 消化できなかった抹消化物が 腸を傷つけていることが多いのです。


人によりグルテンの分解酵素を持っていない場合 グルテンを摂取することで、 消化不良や便秘、下痢、 さらにはアレルギー反応を引き起こすことが あります。 また小腸がグルテンに過敏反応する 『グルテン過敏症』や、 グルテンをスムーズに消化できない 『グルテン不耐症』の 人たちもいます。 そのような人達がグルテンをとると、 小腸の粘膜の細胞間がゆるみ、 毒素がが入りこんで炎症を起こしてしまうのです

小麦粉に含まれる

グルテンを取らないことは腸を傷つけ ダメージを与えることがありません! 腸を元気にすれば免疫力がアップします!

どうせ食事を摂るなら、コロナにかかりにくくするかかっても重症化しない

免疫力をアップする食材を選びたいですね^^


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示