90%のママが知らない!市販のお菓子で不健康になる事実


埼玉県 アイシングクッキー教室「Favori」主宰

川島 成美(かわしま まさみ)です。



スナック菓子の代表格であるポテトチップス。 大人も子どももみんな大好きだと思います。

あのしょっぱさが後をひきます(^-^; つい食べすぎませんか?

少し前までは私も 本当によく食べてました(^-^;

でも、ご存知ですか? ポテトチップスには発癌物質が含まれているとの 報道が、2014年にあったんですよ!

ポテトチップスでガン?!!


えーーーーーーー?!



ビックリですよね!

私もその衝撃を受けた一人です。

2014年10月3日 内閣府食品安全委員会の発表によれば、

炭水化物を多く含む食品を 高温で加熱したときに生じる アクリルアミドという物質が原因だそうです。


発がん性物質は、食べたらすぐにガンになる という訳ではありません。

しかし確実に、ガンの発症リスクを高めます。

だからこそ身体の小さい 子供に食べさせるには最低限の量にしたいものですね。 またポテトチップス1袋に 1袋分のポテトチップスには 30gもの油が使われているそうです!! 1日に取る油の適量が15g ですから、おやつに1袋食べてしまったら、 おやつだけで2日分の油をとっていることになります!! こんなに多くの油をとっていては太るのも納得ですね。


頭ごなしに「これは危険」だと決め付けるわけではありません。

市販のお菓子でも探せば無添加の物も出ています。

『賢い消費者』になり、 成分表を見たり、 情報を集め、 身体に良い食べ物を選択をしたいですね。

何よりも安心なのは手作り ではないしょうか? 自分で入れる物を決める わけですから(^^)


同じ「食べる」でも、食材、調理の選択で 未来の体は大きな違いが出ます。


身体に良い食べ物を選び、 できるだけ手作りにする。


心がけていきたいですね(^^)


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示